東京都 後援
9月9日(日)上演
小学生だけの舞台公演
出演者126名を募集

今回で第4回目となる「TOKYOこども演劇フェスティバル」では、2018年9月9日(日)に東京都新宿文化センター小ホールで上演される、小学生だけの舞台『ヒカリの王国』に出演する小学生を全国から募集します。
練習は8月5日より、都内の公共施設やスタジオで実施します。

2018年夏休み、いっしょに最高の舞台を創りましょう!!
皆さまのご応募をお待ちしています。


出演応募する



(出演者募集チラシのダウンロードはこちら。)



announceimg

beyond2020プログラム

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。
TOKYOこども演劇フェスティバルはこの取組を応援しています。

announceimg

過去のTOKYOこども演劇フェスティバル『ヒカリの王国』の模様

昨年のTOKYOこども演劇フェスティバルの模様はこちら。武蔵野芸能劇場にて、一般公募で集まった総勢168人の小学生が舞台に立ちました。

募集概要

下記の募集概要をよくお読みの上、 出演応募フォームよりご応募ください。

【応募〆切】
第一次〆切:6月30日(土)23:59
第二次〆切:7月16日(月・祝)23:59


[上演]
日時:2018年9月9日(日)
会場:新宿文化センター小ホール

[応募資格]
応募資格:2018年8月上旬から9月9日まで実施される東京都内での練習及び公演の本番に参加可能な小学生。

有料の舞台公演にプロとして出演経験のある方、現在芸能プロダクションや養成所、演劇スクールに所属されている方、過去に開催されたTOKYOこども演劇フェスティバルへご参加いただいた方はご応募いただけません。

練習日程は下記の[スケジュール]の項目をご確認ください。


[募集人数]
126名(42名×A・B・Cの計3チーム)

応募者が定員を超えた場合は抽選により出演者を決定します。

7月下旬にメールまたはお電話にて、応募者全員に出演確定もしくは抽選落選のご連絡をします。(抽選が実施されなかった場合も、応募者全員に出演確定のご連絡をします。)


[参加費]
3500円(税込)

練習・本番全ての参加費です。その他に舞台出演において一切費用はかかりません。(練習や本番の会場までの交通費は自己負担)

参加費のお支払い方法は出演決定者の方に別途ご案内します。


[練習会場]
国立オリンピック記念青少年総合センター:小田急線・参宮橋駅から徒歩7分/千代田線・代々木公園駅から徒歩10分
目黒区東山社会教育館:東急田園都市線・池尻大橋駅東口から徒歩7分
N.G.A. CHILD KINGDOM STUDIO:JR三鷹駅北口から徒歩3分

練習会場は上記より変更となる場合がございます。6月中旬頃に決定の上、こちらに掲載予定です。(2018.5月時点)

練習会場が確定しました。こちらよりご確認いただけます。(2018.6月11日公開)


[スケジュール]
【6月30日(土)】第一次募集締め切り/【7月16日(月・祝)】第二次募集締め切り
【7月下旬】出演者確定(応募者全員へ出演確定または抽選落選の通知)
【8月5日(日)】出演者顔合わせ・保護者説明会
【8月上旬より】練習実施

練習日:8月5日(日)・8日(水)・12日(日)・20日(月)・22日(水)・23日(木)・25日(土)・26日(日)・28日(火)・29日(水)・30日(木)・9月1日(土)・2日(日)・8日(土)
上記の練習日程のうち、7回以上を目安に練習にご参加ください。

練習は、9:30〜19:00のうち1回1〜3時間ずつ、学年別・チーム別で実施予定。
ただし、8月28日(火)・29日(水)・30日(木)は17:00〜19:00の夕方枠のみの練習。

8月13日(月)〜19日(日)の1週間は練習はお休みになります。

各日程の練習時間は6月中旬頃にこちらに掲載予定です。(2018.5月時点)

各日程の練習時間をこちらに公開しました。(2018.6月11日公開)

【9月9日(日)】11:00開演:Aチーム公演/14:30開演:Bチーム公演/18:00開演:Cチーム公演

各チームとも公演本番は1ステージとなります。


[公演チケット]
事前決済:2000円(税込)・当日精算:2500円(税込)

チケットご予約方法の詳細は後日本サイト内にてご案内します。



出演応募する



舞台『ヒカリの王国』のあらすじ

惑星コロン。
それはかつて、ひとりの心やさしい王さまが治める星でした。
人々はみな幸せに暮らし、たくさんの緑にあふれていました。
しかしあるとき、王さまは病にたおれ、残されたふたりの王子さまは、自分が王さまになるために争いを始めました。
やがてそれは戦争となり、惑星ぜんぶを巻き込んでゆきました。
いつ果てるともなくつづいた戦いのあとで、星はその美しさを失い、そして、大人たちはみんな、いなくなってしまいました。


激しい戦争の末、大人たちが全員戦死してしまい、こどもだけになってしまった世界。
残されたこどもたちは、大きな悲しみの中で、嘆き、迷い、葛藤しながら、今自分たちは一体どうするべきなのかという解答を探します。
こどもたちの成長の物語を通して、「本物の平和とは」「本物の愛とは」という人間の本質的なテーマに迫る、感動のスペクタクルSFストーリー。42人の個性豊かなキャストが登場します。


脚本演出家・久米 伸明
ごあいさつ

こどもたちは、大人が思うよりも、ずっと多くのことを感じ、考えています。そして、それを表現する機会を望んでいます。

こどもだけでやり直しのきかない舞台公演をやるというこの試みは、こどもたちを「信じる」というところから出発しています。
仲間と力を合わせて、本番をやり遂げたあと、こどもたちは、見違えるほどに輝きます。
そして、その輝きこそが、彼らの未来を照らす光となると考えています。

今回で第4回目となるTOKYOこども演劇フェスティバル。 前回もたくさんのこどもたちがこのイベントに参加してくださり、本番では感動のステージを創り上げてくれました。

この度、応援してくださるたくさんの方々と、後援いただいた東京都のおかげで本プロジェクトが実現できたことに心よりお礼申し上げます。


<久米 伸明プロフィール>
こども演劇プロジェクトN.G.A.(演劇を通じて、こどもたちのコミュニケーション力を育成するプロジェクト)代表であり、TOKYOこども演劇フェスティバル第一回目から脚本・演出を務めている。日本劇作家協会員。過去にパルテノン多摩小劇場フェスティバルにて最優秀作品・脚本賞受賞。代表作は、舞台「幽劇」脚本・演出(2017年・日本青年館ホール/上海 虹橋芸術中心)。舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」脚本(2017年・天王洲 銀河劇場/大阪 森ノ宮ピロティホール)。舞台「ReLIFE」脚本(2016年・池袋サンシャイン劇場/梅田芸術劇場)。フジテレビドラマ「狂うがまま」(嵐:相葉雅紀主演)脚本など。

“TOKYOこども演劇フェスティバル”とは

演劇という“コミュニケーションの表現”を通して、こどもたちに「自分を表現することの楽しさ」や「人と関わることの楽しさ」を体験してもらうことを目的とした、こどものための演劇フェスティバルです。

announceimg

お問い合わせ

こども演劇プロジェクトN.G.A.内)
TOKYOこども演劇フェスティバル製作委員会
電話:050-3636-1538(直通窓口)
メールフォーム:こちら
FAX:03-6745-8038
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-10-6
三鷹北口共同ビル4F