初の冬のステージ開催
小学生だけの舞台公演
出演者105名を募集
(※先着順受付)

2016年より毎年夏に開催されている「TOKYOこども演劇フェスティバル」が、今年初めて冬の公演“WINTER STAGE”を開催することとなりました。

2017年12月26日(火)に東京都武蔵野芸能劇場で上演する「TOKYOこども演劇フェスティバル WINTER STAGE 2017〜舞台『7色の鍵』〜」に出演する小学生を全国から募集します。

2017年冬、いっしょに感動の舞台を創りましょう!

尚、今回は先着順受付となります。(※定員に達し次第、受付終了)

皆さまのご応募をお待ちしています。


出演応募する



(出演者募集チラシのダウンロードはこちら(PDF:3.4MB))



announceimg

募集概要

下記の募集概要をよくお読みの上、 出演応募フォームよりご応募ください。

※先着順受付。定員に達し次第受付を終了させていただきます。

【応募〆切】
9月15日(金)23:59


[上演]
日時:2017年12月26日(火)
会場:武蔵野芸能劇場

[上演作品]
『7色の鍵』
脚本:久米 伸明、山本 浩貴、日本クリエイティブ連合
演出:中村 達哉

[応募資格]
2017年10月中旬から12月26日まで実施される東京都内での練習及び公演の本番に参加可能な小学生。

有料の舞台公演にプロとして出演経験のある方、現在芸能プロダクションや養成所、演劇スクールに所属されている方は応募不可。


[募集人数]
105名(35名×A・B・Cの計3チーム)

先着順受付。応募者が定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
また、「TOKYOこども演劇フェスティバル2017 舞台『ヒカリの王国』」にご出演の方はご応募できません。


[参加費]
9800円(税込)

参加費のお支払い方法はご応募いただいた方に別途ご案内します。


[練習会場](※現在調整中)
みらい館大明(旧)大明小学校:池袋駅西口徒歩10分
三鷹中央防災公園・元気創造プラザ 生涯学習センター ホール:三鷹駅、吉祥寺駅、調布駅、武蔵境駅、仙川駅からバス。「三鷹市役所前」または「三鷹農協前」下車徒歩5分
N.G.A. CHILD KINGDOM STUDIO:三鷹駅北口徒歩3分
など、東京都内の公共施設及びスタジオを予定。

[スケジュール]
【10月中旬より】練習実施

10月15日(日)、28日(土)、29日(日)、11月4日(土)、5日(日)、18日(土)、19日(日)、12月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、24日(日)
1回1〜3時間を予定。上記の土日・冬休みに実施。うち、10回程度を目処にご参加ください。

【12月25日(月)】仕込み
【12月26日(火)】公演本番

各チームとも公演本番は1ステージ


[公演チケット]
前売り・当日ともに2500円(税込)

チケットご予約方法の詳細は後日ご案内します。



出演応募する



舞台『7色の鍵』のあらすじ

ぼくらは、ひらけるだろうか
この、おもくさびついた、ドアの向こう


貧困、差別、戦争、疫病・・・
絶望の闇に覆われた現代、突如として世界各国に次々と出現した謎の黒い扉。
人々の希望を呑み込むその扉は、今、人の世の“終わり”を告げようとしていた。

人類の最後の希望、
7つの大陸に散らばった“虹のこどもたち”。
それぞれに与えられた試練を乗り越えたとき、彼らは「心の鍵」を手にする。

「勇気」「友情」「夢」「家族」・・・
人が生きるために、いちばん大切なものは何か?
彼らが扉のむこうに見たものは一体?
そして世界は、再び光をとり戻すことができるのか?

世界中の様々な国を舞台に、壮大なスケールで描かれる近未来SFストーリー。
35人の個性的な登場人物が、ロマン溢れる感動の物語を紡ぎます。



出演応募する



昨年のTOKYOこども演劇フェスティバルの模様はこちら。2016年8月6日/7日、東京池袋の東京芸術劇場にて、一般公募で集まった総勢120人の小学生が舞台に立ちました。



脚本家・演出家ごあいさつ

脚本 久米 伸明

わたしたちの生きているこの世界は、大変なこともたくさんあるけれど、希望さえなくさなければ、素晴らしい世界だということを知ってほしいという願いをこめて書いたのが、この『7色の鍵』という舞台作品です。
そしてそれは、演劇教育に携わる者が常に持っていなければならない大切な願いだと思っています。
この作品を通して、たくさんのこどもたちが希望を持てますように。

<久米 伸明(くめ のぶあき)プロフィール>
こども演劇プロジェクトN.G.A.(演劇を通じて、こどもたちのコミュニケーション力を育成するプロジェクト)代表であり、TOKYOこども演劇フェスティバル第一回目から脚本・演出を務めている。日本劇作家協会員。過去にパルテノン多摩小劇場フェスティバルにて最優秀作品・脚本賞受賞。代表作は、舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」脚本。舞台「ReLIFE」脚本。フジテレビドラマ「狂うがまま」(嵐:相葉雅紀主演)脚本。飯田譲治初舞台作品「戯曲Operation」演出など。



演出 中村 達哉

おしばいがはじめての人、ほとんどやったことない人、集まれ!!
キミの無限の可能性をカタチにするのが、この『7色の鍵』という舞台です。自分の心と身体と声、ぜんぶを使って表現することは、最高に楽しい体験です。思いきり楽しみながら、みんなで作品を創り上げ、新しい感動を巻き起こしましょう。この冬、みんなと”最強”のステージを創れるのを楽しみにしています。

<中村 達哉(なかむら たつや)プロフィール>
2007 年に劇作家・久米 伸明と共にこども演劇プロジェクト N.G.A.を創立。以降、ドラマティーチャーとして活躍、これまでに 800 回以上の演劇ワークショップを実践。コミュ ニケーション能力の育成から舞台演出まで幅広い領域の指導を手掛ける。著作に中高生向け脚本『ラストチャンスは二度やってくる』(国土社)。本作は、日本全国の学校の文化祭や演劇部活動の演目として上演される人気作品。

TOKYOこども演劇フェスティバル
WINTER STAGEとは

こどもたちに、演劇を通して「自分を表現することの楽しさ」や「人と関わることの楽しさ」を体験してもらうことを目的に企画された、こどものための演劇フェスティバルです。「TOKYOこども演劇フェスティバル」は2016年より、毎年夏に開催されてきましたが、今回、初めて冬の公演“WINTER STAGE”を開催いたします。

announceimg

お問い合わせ

こども演劇プロジェクトN.G.A.内)
TOKYOこども演劇フェスティバル製作委員会

電話:050-3636-1538(直通窓口)
メールフォーム:こちら
FAX:03-6745-8038
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-10-6
三鷹北口共同ビル4F